2010年01月26日

公務員のための行政組織概略3

公務員が働いている農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、防衛省、人事院について簡単に説明しています。

□農林水産省
ここではわが国の農業・水産・林業および自然、そして食に関する業務を行っています。
外局としては林野庁、水産庁があります。
職員になるには、国家T・U・V種に合格する必要があります。
そのほか専門職としては獣医系技術職や研究職の募集もあります。

□経済産業省
ここでは経済、産業、通商、貿易などの業務に取り組んでいます。
外局としては資源エネルギー庁、特許庁、中小企業庁があります。
職員になるには、国家公務員T・U・V種に合格する必要があります。
また特許庁の職員になるには国家T種合格者から審議官を、国家U種合格者からは事務職として活躍することもあります。

□国土交通省
ここでは国土、交通や社会資本の利用、開発や整備を行います。
また気象に関することも司り、海上の安全もここでの業務になります。
外局としては観光庁、気象庁、運輸安全委員会、海上保安庁があります。
職員になるには、国家T・U・V種に合格する必要があります。
海上保安官になるには、海上保安大学校または海上保安学校を卒業しなければなりません。
ほか海技関連の免状を持つ人は海上保安官採用試験、国家T種に合格すれば採用される道もあります。
気象庁でとくに幹部として勤務したい場合は、気象大学校を卒業する必要があります。

□環境省
ここでは、環境保全に関する政策の企画・立案や公害の規制などの業務を行います。
職員になるには、国家T・U・V種に合格する必要があります。

□防衛省
ここでは自衛隊を中心として、国の安全と平和を守る業務や大規模災害時の業務を行います。
職員になるには、国家公務員T・U・V種に合格する必要があります。
国家V種に限り、事務職と技術職どちらを選ぶこともできます。
なお技術系職員になるには、独自に行う防衛省職員T・U種(技術職)に合格しなければなりません。

□人事院
ここでは、主に国家公務員の人事に関する業務を行います。
職員になるには、国家T・U種の採用試験に合格する必要があります。
posted by REN at 13:00| 行政組織と公務員の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

公務員のための行政組織概略2

公務員が働いている法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省について簡単に説明しています。

□法務省
法務省は民事、検察の業務、人権保護、外国人の出入国管理や登録など、法務に関する業務を幅広く行います。
外局として最高検察庁、公安調査庁があります。
職員は、国家公務員T・U・V種の合格者から採用されます。
U種の合格者は基本的に地方での勤務になり、その中には刑務所や公安調査局とさまざまあります。
また専門性の高い入国警備官などは、おのおのが行う別の試験の合格者から採用されます。

□外務省
外務省は外交政策を立案実施、情報収集・分析、外交交渉や各国駐在の日本人の安全などの管理などを行っています。
外局としては外交官が駐在する大使館があります。
職員になるには、国家T・U・V種を合格および外務省専門職員採用試験を合格する必要があります。
外務省専門職員採用試験の合格者は、外交官として活躍できます。
またU種の採用は、技術系試験からの採用になります。

□財務省
財務省は日本の予算、税制、経済にかかわり、国の財政も管理します。
外局には国税庁があります。
職員になるには、国家T・U・V種の試験に合格する必要があります。
U・V種合格者は、各地区窓口や税関での勤務になります。
なお国税庁に勤めるには、別の国税専門館試験に合格する必要があります。

□文部科学省
文部科学省は教育・文化・科学・スポーツ・生涯学習に関する支援・普及や宗教の管理監督なども行います。
外局として文化庁があります。
職員になるには、国家T・U種試験に合格して公務員になる必要があります。

□厚生労働省
厚生労働省は国民の健康や生活を守る各種保険や福祉の企画立案、および労働関係を監督しています。
外局として中央労働委員会、社会保険庁があります。
職員になるには、国家T・U・V種採用試験に合格する必要があります。
なお、社会保険庁はU種の試験合格者の中から公務員として採用されます。
posted by REN at 13:00| 行政組織と公務員の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

公務員のための行政組織概略1

公務員の中でも国家職の場合、いろいろな行政組織があります。
官庁訪問をする際には、ある程度のことを公務員として知っておく必要があります。
ここでは国の各行政組織の説明を簡単に行っていきます。

□内閣府
平成13年1月に設立された内閣府は内閣を円滑に機能させ、各種の重要な政策の企画立案・調整を行ないます。
外局として宮内庁、公正取引委員会、国家公安委員会、金融庁があります。
また内閣総理大臣または官房長官を議長とする会議などもあります。
特徴としては移動が少ない、省庁間交流や留学が多いです。

宮内庁は皇室、国事、各種行事や各地訪問に関する事務を執り行います。
職員は国家U・V種の合格者から採用されます。

警察庁は国家公安委員会の管理下にあり、立法や警視庁・都道府県警察の指揮監督を行います。
警察官および事務職員は、都道府県単位で行われる地方公務員として採用されます。

金融庁はもともと民間の金融機関の監督を行うことを目的として、平成10年に金融監督庁として発足しました。
その後、大蔵省の行っていた金融に関する企画・立案事務を移管して、平成12年7月に金融庁と名前が変わりました。
主な業務は金融に関する企画・立案、民間金融機関や証券取引の検査・監督などの事務になります。
職員は国家T・U種の合格者から採用されます。

□総務省
現在の総務省は省庁再編の際、総務庁・自治省・郵政省を統合してできました。
業務内容も地方の行政や財政、地方自治体の管理・運営、選挙や通信事業に関する業務と多岐にわたります。
外局は公害等調整委員会、消防庁があります。
消防庁は各都道府県の消防を管轄し、広域防災対策を行うための組織です。
職員は、国家T・U・V種の合格者から採用されます。
なおU種は地方採用となることが多いです。
posted by REN at 13:00| 行政組織と公務員の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

公務員試験受かったら官庁訪問って必要なの?4

公務員になるために必要な官庁訪問の心構えは、いくつかあります。

1)省庁研究
最終試験に合格したら、国家公務員として採用されたい省庁についての下調べを必ず行いましょう。
官庁訪問の際に、いきなりの質問にも対応できるように準備しておくためです。

2)移動方法の確認
目的の官庁訪問をするには、目的地のある場所までの移動方法を確認しておきます。
特に地方の受験者の場合は、何回も往復を繰り返していると移動費用もかなりかさみます。
移動費用と下宿先を借りて生活するのと、どちらが安く済むのかも比較検討しておきましょう。

3)官庁訪問は1日1省庁
官庁訪問をする場合、面接をしてもらえる相手の都合に合わせます。
そのため、場合によっては予定の時間よりも遅くなることもあります。
そのため、基本的に1日がかりだと思っておいた方が安全です。

4)地方の人は予約を調整してもらえることも
地方の人は必要な資金の準備と、予約の際に滞在可能な期間を申し出ておきましょう。
滞在可能な期間を告げておくと、それにあわせて予約を調整してもらえることがあります。

5)面談担当者は面接官
面談する担当の公務員は、常に面接官だと思って接すること。
あまり馴れ馴れしく接するのは、公務員以前に社会人としてのモラルを疑われかねません。
もちろん服装や髪型、所持品などにも気を配りましょう。
また約束の時間よりも1時間ほど早めに、到着するようにしましょう。

2009年05月19日

公務員試験受かったら官庁訪問って必要なの?3

公務員になるための官庁訪問では、どのようなことが行われるのでしょうか?
実際のところ、決まった形はありません。
そのため、省庁や人によって対応も変わってきます。
共通したところでは、まず各省庁の採用を担当する部局に訪問をしてます。
そこで採用担当ではない部局の公務員を紹介されて、マンツーマンの面談が行われます。
何度か呼び出し、面談を繰りえしていく中で、人事担当や役職の人とも面談することになります。
なお官庁訪問をすると、訪問カードがあります。
このカードは、以後の面談の資料となるので注意して書き込みましょう。

官庁訪問は、受験者が質問を受けるばかりではありません。
公務員として採用されたい省庁の質問も用意しておきましょう。
基本的なところではやはり業務内容は、最低限確認しましょう。
業務内容は、省庁としての業務を確認します。
省庁の業務は公務員に関して書かれたあらゆる書籍を読めば、ある程度のことは把握できます。
年代は古くなりますが、図書館にもけっこうあるので目を通しておきましょう。
とはいえ国としての業務のため、その範囲はとんでもなく大きいものです。
当然、疑問に思うことも出てくるので、そういったものはメモしておきましょう。
さらに省庁毎に中長期的課題もあります。
こういった課題に公務員としてどう取り組んでいくのか、また自分ならどう考えるかなどニュースや白書をチェックしながら用意しておきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。