2012年08月10日

キャリア組みの日のあたらない大変な部分2

公務員の中でエリートコースであるキャリア組みからの競争から外れた人たちは、人生でいちばんお金が入用な時期に退官せねばならないのです。

いまや年金がもらえるのは65歳からです。

いくら退職金が数千万(2000万円もあれば上等です)あったとしても、50歳で退官した場合には年金支給がされる15年間を退職金だけで家族を養うには到底足りません。

また事務能力としては一流でも、一般社会に放り出されていまさら他の業種に就くとなると再就職は厳しいものがあります。

ここらへんは、民間企業へ勤めている人でも同じです。

それゆえ関連する外郭団体への天下りなるものが、システムとして構築され現在に至っています。

これは人材運用の問題を働いている人たちに押し付けて問題を転化しているとも言え、何とかしなければならない問題でもあります。

簡単に言えば、大きな過失や能力に問題がない限り定年退職まで働けることができるシステムがあれば、公務員の天下りなどは自然消滅するということです。

もちろん、ワークシェアすれば平均給与や退職金を減らすといったことも必要が出てくるでしょうが、それでもその方がよいのでは?と考えます。


マスコミなどの指摘のように、たしかに問題のある部分もあります。

一方で人材運用部分の問題点にはマスコミは何も述べておらず、天下りの本質についての報道は現状では皆無です。

今後もマスコミによるセンセーショナルな問題点ばかりの報道により本質が摩り替えられたまま、本当に仕事が必要な働き手の将来も危険になる・・・そのようなリスクを国家職T種の人たちは現在背負って仕事をしていると言うことをよく理解したうえで、それでもやるぞ!という人に、この仕事に就いて国民のために奉職して欲しいものです。



posted by REN at 12:00| 役人に関する基本情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。