2010年01月26日

公務員のための行政組織概略3

公務員が働いている農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、防衛省、人事院について簡単に説明しています。

□農林水産省
ここではわが国の農業・水産・林業および自然、そして食に関する業務を行っています。
外局としては林野庁、水産庁があります。
職員になるには、国家T・U・V種に合格する必要があります。
そのほか専門職としては獣医系技術職や研究職の募集もあります。

□経済産業省
ここでは経済、産業、通商、貿易などの業務に取り組んでいます。
外局としては資源エネルギー庁、特許庁、中小企業庁があります。
職員になるには、国家公務員T・U・V種に合格する必要があります。
また特許庁の職員になるには国家T種合格者から審議官を、国家U種合格者からは事務職として活躍することもあります。

□国土交通省
ここでは国土、交通や社会資本の利用、開発や整備を行います。
また気象に関することも司り、海上の安全もここでの業務になります。
外局としては観光庁、気象庁、運輸安全委員会、海上保安庁があります。
職員になるには、国家T・U・V種に合格する必要があります。
海上保安官になるには、海上保安大学校または海上保安学校を卒業しなければなりません。
ほか海技関連の免状を持つ人は海上保安官採用試験、国家T種に合格すれば採用される道もあります。
気象庁でとくに幹部として勤務したい場合は、気象大学校を卒業する必要があります。

□環境省
ここでは、環境保全に関する政策の企画・立案や公害の規制などの業務を行います。
職員になるには、国家T・U・V種に合格する必要があります。

□防衛省
ここでは自衛隊を中心として、国の安全と平和を守る業務や大規模災害時の業務を行います。
職員になるには、国家公務員T・U・V種に合格する必要があります。
国家V種に限り、事務職と技術職どちらを選ぶこともできます。
なお技術系職員になるには、独自に行う防衛省職員T・U種(技術職)に合格しなければなりません。

□人事院
ここでは、主に国家公務員の人事に関する業務を行います。
職員になるには、国家T・U種の採用試験に合格する必要があります。
posted by REN at 13:00| 行政組織と公務員の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。