2009年11月15日

公務員のための行政組織概略2

公務員が働いている法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省について簡単に説明しています。

□法務省
法務省は民事、検察の業務、人権保護、外国人の出入国管理や登録など、法務に関する業務を幅広く行います。
外局として最高検察庁、公安調査庁があります。
職員は、国家公務員T・U・V種の合格者から採用されます。
U種の合格者は基本的に地方での勤務になり、その中には刑務所や公安調査局とさまざまあります。
また専門性の高い入国警備官などは、おのおのが行う別の試験の合格者から採用されます。

□外務省
外務省は外交政策を立案実施、情報収集・分析、外交交渉や各国駐在の日本人の安全などの管理などを行っています。
外局としては外交官が駐在する大使館があります。
職員になるには、国家T・U・V種を合格および外務省専門職員採用試験を合格する必要があります。
外務省専門職員採用試験の合格者は、外交官として活躍できます。
またU種の採用は、技術系試験からの採用になります。

□財務省
財務省は日本の予算、税制、経済にかかわり、国の財政も管理します。
外局には国税庁があります。
職員になるには、国家T・U・V種の試験に合格する必要があります。
U・V種合格者は、各地区窓口や税関での勤務になります。
なお国税庁に勤めるには、別の国税専門館試験に合格する必要があります。

□文部科学省
文部科学省は教育・文化・科学・スポーツ・生涯学習に関する支援・普及や宗教の管理監督なども行います。
外局として文化庁があります。
職員になるには、国家T・U種試験に合格して公務員になる必要があります。

□厚生労働省
厚生労働省は国民の健康や生活を守る各種保険や福祉の企画立案、および労働関係を監督しています。
外局として中央労働委員会、社会保険庁があります。
職員になるには、国家T・U・V種採用試験に合格する必要があります。
なお、社会保険庁はU種の試験合格者の中から公務員として採用されます。
posted by REN at 13:00| 行政組織と公務員の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。