2009年07月23日

公務員試験受かったら官庁訪問って必要なの?4

公務員になるために必要な官庁訪問の心構えは、いくつかあります。

1)省庁研究
最終試験に合格したら、国家公務員として採用されたい省庁についての下調べを必ず行いましょう。
官庁訪問の際に、いきなりの質問にも対応できるように準備しておくためです。

2)移動方法の確認
目的の官庁訪問をするには、目的地のある場所までの移動方法を確認しておきます。
特に地方の受験者の場合は、何回も往復を繰り返していると移動費用もかなりかさみます。
移動費用と下宿先を借りて生活するのと、どちらが安く済むのかも比較検討しておきましょう。

3)官庁訪問は1日1省庁
官庁訪問をする場合、面接をしてもらえる相手の都合に合わせます。
そのため、場合によっては予定の時間よりも遅くなることもあります。
そのため、基本的に1日がかりだと思っておいた方が安全です。

4)地方の人は予約を調整してもらえることも
地方の人は必要な資金の準備と、予約の際に滞在可能な期間を申し出ておきましょう。
滞在可能な期間を告げておくと、それにあわせて予約を調整してもらえることがあります。

5)面談担当者は面接官
面談する担当の公務員は、常に面接官だと思って接すること。
あまり馴れ馴れしく接するのは、公務員以前に社会人としてのモラルを疑われかねません。
もちろん服装や髪型、所持品などにも気を配りましょう。
また約束の時間よりも1時間ほど早めに、到着するようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。