2009年04月14日

公務員試験受かったら官庁訪問って必要なの?2

公務員採用試験後の官庁訪問は、いつ行ってもいいというわけではありません。
ルールやタイミングがあるので、くれぐれもマナー違反には注意してください。
国家公務員のT種は、最終合格発表日の翌日が一般です。
国家U種などは、1次試験合格発表後の合同説明会の翌日から解禁になるのが一般です。
そのほかブロック単位の場合、各ブロックごとの官公庁の合同説明会などでいつからかの指示が出ますので、必ず参加しましょう。

官庁訪問には、予約が必要な場合があります。
直接行くのか、電話やインターネットで予約を取るのか、事前に確認をしておきましょう。
なお定員が設けられていることもあるので、早めに予約をするように心がけましょう。

このような説明会などは、その場が実質面接になっているものです。
ですので服装もスーツなどを着用し、社会人として恥ずかしくない清潔な格好をしておきましょう。

また、いきなりの面接で採用されたい省庁に関する質問をされることがあります。
すぐに切り返せるように、最終試験を合格したらすぐに省庁研究や想定問答集などを作っておきましょう。
面接で多い公務員特有の質問としては、「なぜ公務員になりたいのか?」「なぜ、この省庁を選んだのか?」が代表です。
もちろん民間企業の採用面接などの一般的な質問もされるので、忘れずに情報収集しておきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。