2008年09月06日

公務員試験と受験のレベル

公務員採用試験で受験生のみなさんがいちばん気になるのは、受験レベルではないでしょうか?

受験レベルは高校卒業程度、短大・高等専門学校卒業程度、大学卒業程度の3レベルに分かれています。
就きたい職種に就くためには、各レベル別に用意されている採用試験を受ける必要があります。
以下は、受験レベルと代表的な職種の一部です。

・高校卒業程度の採用試験一例
 国家V種
 警察官V類
 地方初級

・短大・高等専門学校卒業程度の採用試験一例
 国家U種
 裁判所事務官T種・U種
 警察官U類
 地方中級

・大学卒業程度の採用試験一例
 国家T種・U種
 警察官T類
 地方上級・中級

採用試験の受験希望者は、受験レベル以外に年齢制限にも気をつけます。
職種や受験レベルによって違いますが、受験年齢の幅は17〜33歳未満程度が目安です。

高校卒業程度の場合、行政職なら21歳未満で締め切られることが多いです。
警察官や消防官などは、行政職と比べ年齢制限が緩やかな傾向があります。
大学卒業程度の場合、行政職で33歳未満がだいたい上限です。
このように卒業程度によって、受験年齢に制限が変わってきます。

余談です。
私が大学生だったころ、不況のせいもあって在学中に採用試験を受験した友人がいました。
大学卒業前だったので、大学卒業程度以外での受験です。
大学の場合、休日を累計してみると約半年が休みになります。
これを利用して、友人は公務員に転進していきました。
とにかく早く社会に出て働きたい、公務員になりたいのであれば、このような採用試験の受験方法もあります。
もちろん、短期大学や専門学校に在学中でも、同じような方法が使えます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。