2008年09月05日

地方公務員はどんな仕事をするの?

地方公務員は、各都道府県およびその市区町村で働く地域密着型です。
国家職と違って、仕事の派手さはありません。
しかし地域住民と手を取り合って手助けをしたり、地域の発展に貢献できるやりがいのある仕事です。

地方公務員採用試験初級の合格者は、出先機関を含む役所すべての最前線に配属される可能性があります。
身近なところでは、役所の窓口への配属が代表です。
各部局の庶務、経理などの仕事をしながら昇進しつつ、幅広い仕事をします。
以外に知られておらず配属後にびっくりする人が多いゴミやし尿の収集業務や火葬場職員なども、初級合格者の配属先のひとつになります。

地方公務員採用試験中級の合格者は、地方自治体の将来の中堅幹部として採用されます。
この採用試験中級は、ところによっては実施していないことが多いです。

地方公務員採用試験上級の合格者は、地方自治体の将来の最高幹部として採用されます。
将来的には副知事、助役、収入役や局長などといった重要な立場に立てれます。
地方公務員採用試験上級の合格者で最高幹部となった場合、自分が管轄する部分についてすべてのことを把握しておかなければ幹部として勤まりません。
もちろん、そのほかのことも知っておく必要もあります。
役所には2〜4年ごとの異動があります。
最高幹部になるころには、異動経験によって把握している状態で最高幹部になれます。
また、幹部が発言したことはすべて公約となってしまうので、不用意な発言は一切できません。
これは決定権をもつ役職のため、それだけ責任が重くなります。
posted by REN at 13:00| 行政組織と公務員の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。