2008年09月02日

公務員の種類と仕事

公務員とは、全体の奉仕者です。
これは日本国憲法に「全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない」と規定されていることからも分かります。
これは国家や地方の公務員であっても従事するエリアの違いだけであって、立場に違いはありません。

国家公務員は、日本国に関する仕事に従事しています。
ひとくちにいっても、政策の立案から経済、教育、外交や防衛など多種多様です。
日本の未来を、大きく動かすこともできます。
日本の省庁の数だけ、それぞれに分化した専門的な仕事があります。
省庁ごとに分化した仕事は、単独の部署だけで完結するものではありません。
省庁ごとに分化した専門的な仕事は、他の省庁に複数またがっていることもあります。
お互いの省庁で協力し合い、効率的にこなす必要があります。

地方公務員は、各都道府県および市区町村を運営する地方自治体の仕事に従事しています。
地域に密着したものがほとんどです。
地域の発展に貢献することができます。
身近なところでは、道路、上下水道、電気、ガス、病院、学校、公民館などのインフラ整備や維持管理などがあります。
警察や消防による地域の治安維持もあります。
都市計画や農地開発などの社会基盤の整備なども行います。
これらは地方公務員の仕事のほんの一部です。
地域密着型のため、とくに窓口や出先機関などでは地域住民との関わりが深くなります。

このように公務員は、日本国や地方に住む人々すべてが安心して暮らすために必要な仕事をしています。
posted by REN at 13:00| 行政組織と公務員の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。